亀山社中焼肉, 日本の牛肉の種類

税込8000円以上のお買い上げで送料無料

日本の牛肉の種類

よくスーパーや精肉店にいくと和牛表記のものを見る機会があるとおもうのですが、
今現在日本で飼育されている肉用牛はほとんど和牛と呼ばれる品種です。

そもそも和牛とは明治時代以降、日本の在来種の牛と外国産の牛を交配させた日本固有の食用肉のことです。

ちなみに日本では4種類の牛肉が和牛として認められています。

では、それをひとつひとつ説明していきます。

黒毛和牛


日本の和牛のなかでは全国で飼育されているため一番ポピュラーな和牛です。

明治時代にシンメンタール種やブラウンスイス種などの外国種などの交配させて現在の和牛になりました。
毛色はやや赤色がかった黒!

牛の品種の中では最も肉質がよく、赤身にまでサシが入り脂の風味もよいのですが、
その理由は黒毛和牛は筋繊維が細く肥育をすれば脂肪が筋繊維の中に細かく沈着しやすいたため、
あの霜降り具合ができるわけです。

ほかの肉食牛と比べて体格が小柄なのも黒毛和牛の特徴で、体重で30kg程度軽いのも黒毛和牛の特徴です。


褐毛和牛


熊本県と高知県の赤牛を基礎としてシンメンタール種牛と朝鮮種牛を交配させたもの。
東北地方や北海道でも飼育されてます。

成長が早くおとなしい性質で、その肉質は赤身が多く脂肪が少ないのが特徴です。

日本短角牛


東北の肉食種である南部牛にイギリスのショートホーン種を交配させたものです。

成長が早く、他の種の牛より手がかからないので放牧向きです。
肉質は赤身が多く柔らかいので肉の旨みが濃厚!

主に岩手、秋田、青森、北海道が主な生産地です。

無角和種


山口県阿武郡の日本在来種とアバディーン・アンガス種交配させたもの。

成長が早いのですが、大きくなると皮下脂肪が多くなりやすい。
赤身が多めの肉質ですが、飼育数は他と比べて少な目です。

国産牛との違いって??


以下の4種が和牛とされていますが、もうひとつの疑問として国産牛というものがあります。

スーパーなどで見る国産牛は和牛と同じと思われがちですが実は全然別物なんです。

というのは和牛はすべて日本で生まれて日本で育てられた牛であることに対し、
国産牛というのはどこの国の品種であっても、一定期間(輸入されてから3ヵ月間)生きたまま輸入すれば
アメリカ産でもオーストラリア産でも「国産牛」日本で育てられれば国産牛として名乗れてしまうんです。

これにはホルスタイン種などの乳用種、乳用種と肉用種を交雑させた交雑種も含まれてしまうので
食べる肉という意味では肉自体の質や風味などは肉用牛よりもかなり劣ってしまうので全然ものということになりますよね。

今度スーパーで牛肉を買う時の参考にしてみてください!

当店人気ランキング

亀山社中焼肉BBQの動画をアップ


亀山社中焼肉セットをバーベキューガーデンにてBBQした動画です!
ご参考ください!

亀山社中焼肉セットでのべーべキュー動画


亀山社中焼肉セット


たむら焼肉セット

牛丸コロホルモン

仙台名物 肉厚牛たん

サイト運営者

藤木 宏明
fela298@outlook.jp

お客様への当店のこだわり






配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
>> 詳しくは「配送について」

カートに入れる